救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

皮膚病-時に救急疾患を中心にして-

目次

はじめに

皮膚病には非常に数多くのものがありますが、急性におこり、早めの処置を必要とする皮膚病には下記のようなものがあります。

(1) 急激に発症し、早急に適切な治療をしないと死亡することがあるもの。
(2) 普通は予後が良いが、場合によっては、急に悪化し、放置すると重大な後遺症を残すもの、場合によっては命にかかわるもの。
(3) 急激に発症し、早急に治療しないと経過が長引くもの、あるいは後遺症を残すもの。
(4) 全身症状はないものの、痒みがひどいとか、痛みがひどいなどで、正常な生活が阻害されるもの。

これらを中心に代表的な急性の皮膚疾患について述べました。皮膚病に対する適切な対処に役立てば幸いです。


 

戻る

 次ページ:「1.接触性皮膚炎」へ