救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

知っておきたい産婦人科の救急

目次

はじめに

救急処置が必要な産婦人科の病気の主な症状は、出血と下腹部痛があげられます。

ここでは、まず産科について、続いて婦人科の救急医療を必要とする病気について述べることとします。産科については、妊娠初期は別として、妊娠もわかっており、かかりつけ医があると思いますので、まず、そちらで相談することが重要です。婦人科については、症状の原因疾患でのかかりつけ医がないことも想定されますので、症状の程度によっては、救急外来に受診することになるかもしれません。

皆様方に突然の症状が現れたときに、この小冊子が何らのお役に立てればと思います。

平成29年9月9日

広島市民病院 婦人科主任部長

野 間   純


 

戻る

 次ページ:「産科の救急」へ