救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

腹痛-おなかが痛いとき-

目次

2.腹痛時の観察のポイント

(1) 全身の外観はやせているか、肥満か、皮膚の色はどうか、熱があるのか、脈・呼吸は早いか
(2) 意識状態は腹痛のためショック(意識のない)状態であるかどうか
(3) 表情は抑うつ、興奮あるいは苦悶しているかどうか
(4) 顔色は蒼いかどうか
(5) 口臭はあるか、嘔吐による吐物はどのようなものか(血液を混じているか)
(6) 便 下痢・血液混入の有無など
(7) 尿の性状
(8)末梢および爪の色は良いか悪いか
(9) 腹痛に対し、

a)発生部位(どこの部位か)
b)起こり方(突然か或いは徐々か)
c)パターン(間欠性、持続性或は進行性か)
などについて明らかにする。
以上、腹痛について自分自身、あるいは家族の人が判断し、適切な処置をすること(放置するのか、診療所、病院を受診するのか、救急車を呼ぶほど緊急を要するかなど)が肝要である。


前ページ:「1. 腹痛のおこり方とその種類」へ 

戻る

 次ページ:「3.腹痛の部位と病気の種類」へ