救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

腹痛-おなかが痛いとき-

目次

おわりに

“おなかが痛い”と表現される腹痛に対し、患者さんからみた腹痛に対する対処のしかたについて内科臨床医の目から解説した。腹痛という自覚症状は、放置し ておけば消失するものから、直ちに緊急手術を必要とするものまでさまざまであり、患者本人だけでなく、両親などの家族の意見も参考にし、診療所や病院への 受診も早めにした方がよいと思います。
しかし、腹痛は心理的あるいは精神的な要素にも大きく左右され、個人差がある主観的な感覚であることも認識しておく必要があります。
この小冊子だけでは不十分な点も多く、使用した熟語もむずかしいものがあるかもしれませんが、御容赦下さい。この小冊子を手元に置き、御利用頂ければと思います。





「腹 痛」(非売品)

発 行 日 平成3年9月9日

執 筆 者 広島大学医学部付属病院総合診療部 井上 正規

発 行 人 広島県医師会長 杉本 純雄


〒733-8540 広島市西区観音本町1丁目1-1


広島医師会館内 TEL(082)232-7211

印 刷 所 株式会社アド・プレステージ

前ページ:「11.腹痛の治療」へ 

戻る