救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

腹痛-おなかが痛いとき-

目次

6.腹痛の誘因および随伴症状

空腹時痛や鎮痛剤(痛み止め)服用時の腹痛は消化性潰瘍が、脂肪食や大酒のときのそれは胆石症や急性膵炎が、事故などによる腹部外傷時には内臓破裂など が考えられ、診療所、病院での診断と治療が必要である。また、腹痛の随伴症状として、悪心、嘔吐、下痢、便秘、発熱、吐下血、血尿、体重減少、黄疸、 ショック症状、生理異常などがある。


前ページ:「5.高齢者の腹痛」へ 

戻る

 次ページ:「7.自宅でできる腹痛を緩和する手当」へ