救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

腹痛-おなかが痛いとき-

目次

10.腹痛の原因確定のための検査


(1) 末梢性検査:白血球数および分類、赤血球数、ヘモグロビン、へマトクリット、血小板数
(2) 尿検査:蛋白、糖、ポルフイリン、潜血(血液混入の有無)
(3) 糞便検査:潜血、膿汁粘液、細菌、虫卵
(4) 血液生化学検査:肝機能、腎機能検査
(5) 腹部単純?線検査:ガス像、結石、骨の異常など
(6) 造影検査:消化管、胆嚢、腎う造影、逆行性膵胆管造影、血管造影など
(7) 内視鏡検査:消化管、腹腔鏡検査
(8) シンチグラフ:腹部超音波、CT検査
(9) 胃液、胆汁、膵液検査
以上、腹痛を訴える患者に対し、種々の検査が系統的に行われ、統合的に診断される。

前ページ:「9.診療所、病院への受診時の心得」へ 

戻る

 次ページ:「11.腹痛の治療」へ