救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

知っておきたいアナフィラキシーの正しい知識

目次

2 アナフィラキシーの症状

 アナフィラキシーで恐ろしいのは、喉頭浮腫による気道閉塞(喉の奥の空気の通り道が塞がれること)、不整脈やショックであり、死に至ることがあることです。喉頭浮腫は嗄声(しゃがれ声)、発声困難(うまく声が出せない)、喉の異物感(喉に何か詰まっているような感じ)などの症状から始まり、不整脈やショックの症状としては動悸やめまい、気の遠くなる感じなどの症状がみられます。しかし、重症で経過の早い場合は皮膚症状や呼吸器症状を伴わずショックに陥ることもあります。また、初めてのアナフィラキシーであったり、誘因が明らかではない場合にアナフィラキシーと判断することは難しい場合があります。特に、幼児の場合は初発であることが多い上に自覚症状を伝えることが難しく、アナフィラキシーの診断が困難となるとされています。

写真1. アナフィラキシーにおいて全身に広がった紅斑
アナフィラキシーにおいて全身に広がった紅斑 アナフィラキシーにおいて全身に広がった紅斑

 症状の出現時間は原因となる抗原へ曝露される様式によって異なります。ハチに刺された場合は5~10分以内に症状が出現します。一方、食べ物の場合は消化管で消化、吸収される時間があるため食後30分~1時間くらいかかり、2時間以内に出現することが多いとされています。また、治療を受けるなど初期症状が改善した後に再度アナフィラキシーの症状が出現することがあります。これは二相性反応といわれ、1~20%の頻度で出現します。多くは8時間以内に発症しますが、中には72時間後に発症したという報告もあり1)、初期症状が改善した後も十分注意が必要です。

アナフィラキシーの症状

前ページ:「1 アナフィラキシーとは」へ 

戻る

 次ページ:「3 アナフィラキシーの原因」へ