救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

家庭で知っておきたい脳卒中の救急

目次

あとがき

皆さんが脳卒中の症状を知り、まわりのかたが脳卒中で倒れた場合、できるだけ早く病院の医師の診察と治療を受けることが大切です。治療は時間との闘いです。ひとりでも多くの命が救われ、より多くの方が家庭生活や社会に復帰できるようになるのです。
私たちは、あなた、あなたの最愛の伴侶、ご両親、そしてお子様を守るべく、日々医療技術の鍛錬と学術研鑽しつつ、診療所や病院で待ち控えております。

広島大学病院脳神経内科
大 槻 俊 輔



執筆:広島大学病院脳神経内科      大 槻 俊 輔
監修:広島大学大学院脳神経内科学 教授 松 本 昌 泰





家庭で知っておきたい脳卒中の救急(非売品)

発 行 日 平成20年9月9日

執  筆: 広島大学病院脳神経内科      大槻 俊輔

監  修: 広島大学大学院脳神経内科学 教授 松本 昌泰

発 行 人: 広島県医師会

印  刷: レタープレス株式会社
〒739-1752 広島市安佐北区上深川町809番地の5
TEL.(082)844-7500

前ページ:「脳卒中予報からの脳卒中の予防!これだけは知っておこう」へ 

戻る