救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

家庭で知っておきたい脳卒中の救急

目次

脳卒中ってどんな病気?

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞(のうこうそく)」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。19illust11.jpg

脳梗塞

脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなります。

19illust12.jpg

血管内に血栓があり、血液がせき止められ、脳組織が壊れつつあります。

19illust13.jpg

右の視床というところ(矢印)にMRI検査(磁力を使って脳梗塞をぴかっと白く光らせます)により急性梗塞が描出されています。

脳血栓症

脳の比較的太い血管が動脈硬化によって狭くなり、さらに血のかたまりによってすこしずつつまります。あるいは高血圧が原因で脳の細い血管が変性して、血管がつまります。

19illust14.jpg

左:脳のMRI(磁力を使って脳梗塞をぴかっと白く光らせます)で左の前頭葉という所に帯上の脳梗塞が白くみえます。中:脳血管造影で左の首の血 管が狭くなっています。右:同じ部位を頸動脈超音波検査で観察し、動脈硬化があり、狭くなっていることがわかります。ここから血栓ができて、脳に飛んだの です。

脳塞栓症

脳の血管に、心臓などでできた血のかたまりが流れてきて血管をふさぎます。

19illust15.jpg

左:右の大脳半球全体が黒くなっていて脳梗塞になっています。中:胃カメラを使った心臓超音波検査では、心臓のなかに血栓がありました。右:この血栓の一部が左の中大脳動脈を完全につめてしまったのです。

一過性脳虚血発作

一時的に脳の血管がつまりますが、すぐに血流が再開します。脳梗塞の前ぶれとして現れることがあります。

脳出血

19illust16.jpg

おもに高血圧により脳の中の細かい血管が破れて出血します。

CT検査で白くなっているところが出血です。 脳出血の起きやすい場所を示しています。

くも膜下出血

脳の表面の大きな血管にできたコブ(動脈りゅう)が破れてくも膜の下に出血します。 ほかの脳卒中と違い、突然の今までに経験したことのないような、まるでバットで殴られたような頭痛や、一瞬意識がとぶ程度から意識不明の重体までの意識障害が主な症状です。

19illust17.jpg

左右とも別々の方ですが、動脈瘤が中大脳動脈に認められました。


脳梗塞の成り立ちと種類について

19illust18.jpg

「脳梗塞」は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりして、脳に酸素や栄養源であるブドウ糖が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。

脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって3つのタイプに分けられます。症状やその程度は障害を受けた脳の場所と範囲、血液の流れの低下の程度によって異なります。

ラクナ梗塞:細い血管が詰まって起こる脳梗塞

19illust19.jpg

黒い部分は血が流れていなくて
脳梗塞になっています。

ラクナは「小さなくぼみ、湖」という意味で、脳に入った太い血管から垂直にいきなり細い血管へと枝分かれしていきます。この細かい血管が高血圧等により動脈硬化を生じ、詰まるのがラクナ梗塞です。

アテローム血栓性脳梗塞:脳の太い血管が詰まったり狭くなって起こる脳梗塞

19illust20.jpg

黒い部分は血が流れていなくて
脳梗塞になっています。

動脈硬化(アテローム硬化)で狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。その部位から脳梗塞を起こしたり、ここから血栓が飛んで下流で脳梗塞を起こします。動脈硬化を発症・進展させる高脂血症、糖尿病、高血圧、喫煙など生活習慣病が主因です。

心原性脳塞栓症:脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞【大梗塞】

心臓にできた血栓が血流に乗って脳まで運ばれ、突然脳の太い血管を詰まらせるもので す。原因として最も多いのは、不整脈の1つである心房細動がもっとも多く、心筋梗塞(しんきんこうそく)、心筋症(しんきんしょう)、僧帽弁狭窄症(そう ぼうべんきょうさくしょう)があります。突然発症のため麻痺や意識障害も強いことも多く、急性期再発率も高い。脳のむくみや梗塞部出血により死亡すること も多く、社会復帰率も低い。


前ページ:「脳卒中が起こったらどうしたらいいの?」へ 

戻る

 次ページ:「脳卒中の治療」へ