救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

家庭で知っておきたい スポーツ傷害

目次

上肢の傷害

肩関節の傷害
肩のスポーツ障害の主なものとしては、肩関節脱臼、肩鎖関節脱臼、鎖骨骨折、上腕骨近位骨端線損傷、関節唇損傷、腱板損傷などがあります。

1.肩関節脱臼
肩関節は人体の関節の中で最も脱臼しやすく、全関節の脱臼のうち、その半分が肩関節脱臼であるとも言われています。怪我をすることにより生じる外傷性の 肩関節脱臼のうち90%が上腕骨頭が前方へ脱臼する前方脱臼であり、転倒して手をつき、肩関節を無理な姿勢で伸ばされた場合などに生じます。肩関節を脱臼 すると、肩に強い痛みを生じ、反対の手で腕を支えて来院されます。三角筋の膨らみは消失し、肩峰が突出しています。レントゲン検査により肩関節脱臼の診断 を行うことは容易ですが、脱臼に伴って生じた骨折を見落とさないようにすることが必要です。骨折がなければまず無麻酔で整復を試みますが、整復が困難な場 合は全身麻酔をかけて整復を行います。無理な整復操作は肩関節を新たに損傷する可能性があり、整形外科医が愛護的に整復を行うことが必要です。整復後の肩 関節の固定方法や固定期間については、さまざまな方法がありますが、三角巾と弾力包帯、バストバンドで患肢を肩関節内旋位にて約3週間固定するのが一般的 な方法です。最近、腕を外に向けた肩関節外旋位での国定が反復性の肩関節脱臼に移行する頻度を低下させるとの報告がなされ注目されています。若年者ほど反 復性脱臼に移行しやすく、20歳以下では80%以上が反復性に移行するとも言われています。不幸にも反復性脱臼に移行し、日常生活に支障が生じる状態に なった場合は関節鏡視下に損傷された関節唇や関節包靭帯の修復術が行われます。
(大結節部の骨折を伴った肩関節前方脱臼のレントゲン写真)

2.肩鎖関節脱臼
肩鎖関節脱臼は肩を下にして転倒することによって生じることが多く、症状は肩鎖関節部に痛みがあり、同部位に圧痛を認めます。鎖骨遠位端の転位の程度が 大きければ鎖骨の遠位端が皮膚の下に突出します。レントゲン検査にて肩鎖関節脱臼が不明瞭な場合には、立位で5kg程度の負荷をかけて行うストレスレント ゲン検査を行って左右の肩鎖関節の形を比較することが診断に有用です。受傷直後はまず三角巾などで患肢の安静を保ちます。治療法については一定の見解がな く、保存的治療と手術治療の長所、短所について十分に説明し、治療法を決定する必要があります。保存的治療では装具を用いた固定、手術治療では肩鎖関節を 皮膚の上から鋼線を刺して国定する経皮鋼線固定がまず行われることが多いようです。
(肩鎖関節脱臼の患者:鎖骨の遠位端が突出している)

3.鎖骨骨折
鎖骨骨折は全骨折の中で最も頻度が高く、5%以上を占めます。また、小児に多いことも特徴です。骨折の部位としては、鎖骨の中央1/3が80%、外側 1/3が15%と報告されています。鎖骨部の療病を訴え、レントゲン検査によりその診断は可能です。最も多い鎖骨の中央1/3での骨折に対する治療は手術 を行わない保存的治療が原則です。骨折部の転位が比較的多い場合や鎖骨が3つ以上に割れている場合でも骨癒合は良好で、機能障害を残すことは少ないとされ ています。保存的治療は鎖骨バンドを用いて行います。早期の治癒を希望する場合や転位が著しい場合には手術治療が行われます。手術治療の方法には、鋼線に よる髄内固定、プレートを用いた固定などが行われます。一方、鎖骨の外側1/3の部分での骨折で、骨折部の転位が大きなものは保存的治療では骨癒合が得に くく、多くの場合、手術治療が選択されます。手術治療では鋼線とワイヤーを用いて強く固定する方法が多く行われます。
(右鎖骨骨折のレントゲン写真)

4.上腕骨近位骨端線離開
いわゆるリトルリーグ肩と呼ばれるもので、投球動作によって上腕骨近位骨端線に過度のストレスが加わることによって生じるとされています。投球時の肩部 痛が主訴であり、レントゲン検査にて診断が可能です。治療は投球制限や投球禁止を行って局所の安静を図ります。予後は良好ですが、投球開始時期については レントゲン所見から慎重に判断を行う必要があります。

5.関節唇損傷・腱板損傷

投球時に肩の痺痛を生じる原因として、関節の縁取りをしている関節唇や肩を動かす腱板の損傷が挙げられます。MRl検査などで関節唇や腱板の損傷が認め られても、まず保存的に治療を行います。投球フォームの改善など全身的な運動療法を行い、肩関節腔内や肩峰下滑液包内へのステロイド注射など保存的治療を 続けても投球時の疼痛が改善しない場合にのみ、関節鏡視下に損傷部の修復が行われます。
16sp16-01.gif

 

肘関節の障害
肘関節のスポーツ障害は野球をはじめとする主に投球動作で発育期に多く発症するのが特徴的です。そのほとんどがオーバーユースによるものであり、保存的 に加療されるものが多いのですが、幾つかの障害については手術治療を必要とする場合があります。以下に発育期~青年期に生じる肘関節のスポーツ障害のなか で特に重要なものを取り上げます。

上腕骨外上顆炎・内上顆炎

文字通り肘関節の外側・内側の疼痛、圧痛、握力低下などが認められます。外上顆炎はテニス(特にバックハンドストローク動作時)やバドミントンなどに、 内上顆炎は野球やゴルフのプレーヤーに多く認められます。治療は保存療法が原則で、競技の中止と手関節の固定が有用ですが、その他に装具や外用剤、局所へ の注射などが併用されます。

離断性骨軟骨炎
発育期の投球動作を要するスポーツ選手に発症し、投球動作時の疼痛が生じます。肘関節の外側に圧痛を伴うことが多く、病期が進行すると可動域制限やロッ キング症状を呈することもあります。上腕骨小頭にかかる圧迫力などによって軟骨下骨折が生じ、そのあとに起こる骨軟骨片の遊離が原因と考えられています。 治療はまだ母床から遊離していない早期には投球禁止が原則ですが、ギプスシーネによる外固定を行うこともあります。進行期には自然治癒を得ることは困難で あり、骨軟骨片の再固定や自家骨軟骨移植などの手術的加療が選択されます。

肘頭骨端線離開
主に中高校生の野球部員に生じます。投球動作時痛を主訴とし、肘頭部に圧痛を認めるのが特徴です。肘頭の骨端線に加わる繰り返しの牽引ストレスにより、 同部の離開・癒合不全を生じます。外固定による保存療法も可能ですが、骨癒合を得るために長期間の固定を要することが多く、競技の早期復帰を希望する患者 には一般に骨接合が選択されます。

内側側副靭帯損傷
投球動作時の外反ストレスに起因します。投球動作時の肘内側部痛を主訴とし、同部位に圧痛を認めます。成長段階で骨の成長が終了する前であれば、内上顆 の剥離骨折を生じていることもあります。治療は、受傷早期や剥離骨片がある骨端線閉鎖前の症例には外固定による保存療法が選択されます。保存療法にて改善 がみられない場合や損傷後長期間経過した例で療病や不安定感が著しい症例では主に自家腱を用いた再建手術が行われます。

変形性肘関節症
投球動作を要する競技の続行や離断性骨軟骨炎などの病変などをベースにし、レントゲン上骨棘増生や遊離体を形成した状態を指します。疼痛や尺骨神経症状などにより競技の継続が困難となる場合には手術的加療が選択されます。

尺骨神経傷害
肘関節での骨棘増生や上腕三頭筋の肥大などが原因で生じます。肘関節運動時の内側部痛や環・小指への放散痛、運動後のしびれ(環・小指)、握力低下など を訴えます。軽症例では競技の中止、肘の外固定で軽快することもありますが、競技の継続を希望する場合や重症例では神経剥離術が行われます。


手関節と指の傷害
手関節、指(以下手指)は上肢の先端に位置し、可動範囲は広く、また競技中に他の物に接触し易いため、障害を受けやすい部位です。

また野球、バスケットボール、バレーボール等、手指に直接用具が触れる競技ではもちろんですが、サッカーやスノーボード等の手指を直接使用する機会の少 ない競技でも手指の外傷頻度は以外と高いものです。通常問題のない程度の外力でも、指骨は他の骨に比べ細く突出しているため、一点に集中して受けると骨や 腱、執帯などの損傷を引き起こすことがあります。手指はその可動範囲、安定性、微妙な操作等について競技内で要求される行動レベルが高く、軽微な損傷にせ よ、早期に専門医による適切な診断と治療が望ましいと思われます。怪我をした直後には単なる打撲や捻挫と診断され、2~3週間後に専門医を受診し、全く異 なる診断を受け、その後に適切な治療を受けたにもかかわらず、後遺障害を残すことも少なくないのです。

以下にスポーツによってきたしやすい、若しくは見落とされやすいもの、そして正しい診断と治療を必要とする手指の外傷について、主なものを列記し、診断、治療のポイントについて述べて行きます。

手関節の障害
1.橈骨遠位端骨折
受傷機転
転倒して手をついた際に受傷することが多く、スポーツ障害の中では非常に頻度が高いものです。スポーツによる外力は強く、骨片が粉砕し関節内骨折になる場合が多いことが特徴です。

ポイント
腱の断裂、神経の障害を合併する場合があり、これらに注意する必要があります。

治療
徒手整復し、ギプス固定。骨折部が不安定で、すぐ再転位してしまう場合は手術を受けることが望ましいと思われます。良好な整復位が得られれば通常予後は良いでしょう。但し関節内骨折をきたしている場合には若干可動域が低下する場合が多い様です。
16SP20-01.gif

2.舟状骨骨折
受傷機転
橈骨遠位端骨折と同様に、転倒して手をついた際に受傷しやすい骨折です。橈骨骨折よりは頻度は低いのですが、全手根骨骨折の中では最も多いです。

ポイント
舟状骨骨折の問題点として、

1)舟状骨の軸は通常の手関節撮影の軸とは傾いており、通常の撮像では 骨折を指摘されず、打撲や捻挫と診断されることが多い様です。
2)手関節に近い側の骨片の血行が悪いことが多く、骨癒合に時間がかかります。
3)手関節の運動により骨折部に捻れの力が加わり、固定無しではまず骨癒合しない。などが挙げられます。診断には特別な方向からのX線撮影、CT、MRl等を行います。


治療
早期に診断でき、転位がない場合はギプス固定。転位がある場合は手術による内固定を行います。時間が経ち、骨欠損を生じている場合には更に骨移植などが必要です。
16sp21-01.gif

3.有鉤骨鉤骨折
受傷機転
物を握っている際に、ストレスがかかることにより起こることが多い様です。全手根骨骨折の約3%と頻度は低いが、野球、ゴルフ、テニスプレイヤーに多く、スポーツ障害としては珍しくはありません。

ポイント
本骨折も通常の手関節レントゲンではまず骨折を指摘できないため、この骨折を疑って診察することが重要です。放置したままでは、骨癒合しにくく、遷延治癒、偽関節となりやすいです。(疼痛が残りやすい)

治療
受傷してからの期間と、骨片の状態を考慮し、ギプス固定、若しくは手術(骨接合、骨切除術)を選択します。
16sp22-01.gif

指の障害
4.中手骨頚部骨折
受傷機転
握りこぶしを作り、物を殴った際に起こすことが多い様です。ボクサーに多いことから、ボクサー骨折とも呼ばれます。第4、5番目の骨を骨折することが多いです。

ポイント
診断は容易であるが、背側凸の変形を適切に矯正することが必要です。

治療
透視下に徒手整復後、ギプス固定を行いますが、再転位や指の伸展障害を残し易いため、手術治療が望ましい場合も多いです。
16sp23-01.gif

5.関節側副靭帯損傷(特に母指MP関節尺側側副靭帯損傷)
受傷機転
関節に急激な側方への強制外力が加わることにより受傷します。特に母指MP関節では球技中に突き指をしたり、スキー中に転倒した際に、ストックで引っ張られることにより過外転を強制されることが多い様です。

ポイント
母指を過外転して受傷した場合、損傷した執帯が母指内転筋腱膜に引っかかり断端が離れることがあります。この場合には保存的治療後も側方動揺性を残すため、手術治療が勧められます。

治療
靭帯の断端を評価し、離れている場合には手術を行います。
16sp24-01.gif

6.突き指(槌指変形)
受傷機転
指の先端に過度の外力が加わることにより受傷します。伸展した指が急激に屈曲を強制させられることにより生じます。全スポーツ外傷の約1/4を占めているという統計データもあります。男性に多く、また環指の頻度が最も高いと報告されています。

ポイント
打撲、捻挫だけであるか、もしくは腱、執帯、骨の損傷を来しているかを判断します。

治療
腱、執帯損傷のみの場合は保存的治療(外固定)、骨折がある場合には手術的治療を行います。
16sp25-01.gif

 


前ページ:「脊髄・脊椎の傷害」へ 

戻る

 次ページ:「下肢の傷害」へ