救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

家庭で知っておきたい 皮 膚 の 病 気

広島市立安佐市民病院
皮膚科部長 新見 直正

 本会は毎年、救急医療に閲し、一般の人々を対象に、いざという時のための知識を正しく理角牢していただくため、分かりやすい内容の小冊子にして普及啓発に努めております。

 今回は、「家庭で知っておきたい皮膚の病気」を題材にしました。執筆監修をいただいた先生は、広島市立安佐市民病院の皮膚科部長、新見直正先生です。

 皮膚科救急疾患にはやけど、じんましん、動物による剰政傷、かぶれ(接触性皮膚炎)、皮膚感染症などの種類があります。それぞれの原因、症状、治療(対処)方法から日常生活での注意事項までを分かりやすく解説して頂きました。ご家族みなさんで読んでホームケアの参考となるような本となっております。先生には心から感謝申し上げます。

 この小冊子は必ず皆様方のお役に立つと信じています。広くご活用いただければ幸いです。

平成16年9月

広島県医師会長
碓 井 静 照

目次