救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

下血 -特に大腸・肛門疾患を中心にして-

目次

6.感染性大腸炎

原因のはっきりしている大腸炎で、細菌性赤痢、サルモネラ、腸炎ビブリオ、腸結核、アメーバ赤痢、キャンピロバクター腸炎などです。いずれも下痢、腹痛、 粘血便などみられ、原因に応じた抗生物質で治療します。最近話題の病原性大腸菌0-157によるものもこの範ちゅうです。

 


前ページ:「5.クローン病」へ 

戻る

 次ページ:「7.虚血性大腸炎」へ