救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

下血 -特に大腸・肛門疾患を中心にして-

目次

痔疾患を悪化させないためには

1)毎日お風呂に入る
血行を良くし鬱血がとれます。また清潔にもなります。
2)おしりを洗う
排便後はお湯で洗ってきれいにしましょう。
3)便秘、下痢に注意
硬い便は痔核を刺激し出血のもとになります。また切れ痔も引き起こします。
下痢も同じことが言えます。
4)トイレで強くいきまない

強くいきむと肛門の鬱血を生じ出血したり、直腸粘膜脱症候群といって直腸粘膜の脱出の原因になります。

5)座りっぱなしはよくない
肛門の鬱血を生じますので気をつけて下さい。
6)腰を冷やさない
肛門の血行を悪くします。
7)酒、コショウ、からしなどを控える
アルコール、刺激物は肛門の鬱血を生じます。


前ページ:「痔疾患の自己診断法」へ 

戻る

 次ページ:「2.大腸ポリープ」へ