救急小冊子

救急小冊子のお申し込み

緊急時の対策や予防など様々な情報をご覧いただけます。

※救急小冊子内の記載事項及び連絡先等は発行当時のものです。

眼の救急 -いつまでも健やかな視力を-

目次

III.今すぐではないが、なるべく早めの受診が必要

網膜剥離
文字通り網膜が何かの原因で剥離する(はがれる)病気です。たとえば、網膜に裂孔(網膜の穴)が生じ、これが発端となって網膜がはがれたりします。網膜 は眼球の一番内側にある神経の膜で、この働きで物が見え、形がわかり、色が判別できます。いろいろな原因でこの神経の膜がはがれると、物が次第に見えなく なります。
網膜剥離の眼球断面図
放置すると網膜のはがれた部分が次第に眼球全体に広がり、最後には網膜全部がはがれて失明してしまいます。治療は原則として手術です。手術をしないと失明しますので、なるべく早い時期に手術をしなければなりません。
ただ、なるべく早くといっても、何はさておいても今すぐに眼科を受診しなければならないかといえば、そうでもありません。網膜剥離が広がらないようにするために安静を保ち、なるべく早い時期に眼科を受診することが必要です。


前ページ:「II.深夜、休日でもすぐに眼科受診が必要な疾患」へ 

戻る

 次ページ:「IV.重症ではないが、痛みのために救急受診が多い疾患」へ