2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死ぬ時代です。

一方、2人に1人が認知症になる時代もすぐそこに来ています。

がんや認知症になっても、住み慣れた“地域”で暮らすために知っておきたい知恵を、分かり易くお伝えしたいと思います。


講演

人生に寄り添う医療-在宅医療と「ものがたり」-

講師

鈴木内科医院副院長(東京都)

鈴木  央 氏

所属学会

◇日本プライマリ・ケア連合学会 ◇日本消化器病学会

◇日本在宅医学会        ◇日本消化器内視鏡学会

◇日本内科学会         ◇日本緩和医療学会

講師 鈴木 央 氏

内科医として外来診療を行いながら、その合間を縫うようにして自転車を駆って在宅患者の自宅に訪ね、がんの疼痛管理を始め、経験豊かな知識に基づいた高度な緩和ケアを提供する。さらに認知症についても多くの診療を行っている。地域のネットワークを活かしながら、かかりつけ医として患者とその家族の身近で支えている。

基調講演

これからの人生を前向きに生きるために
-ACP(アドバンス・ケア・プランニング)とともに-

講師

広島赤十字・原爆病院呼吸器科部長

有田 健一 氏

寸劇

あなたが選んだ場所で過ごせるように-在宅医療の専門職種が支えます!-

演出

元県立広島大学教授

NPO日本医療ソーシャルワーク研究会

広島県医療ソーシャルワーカー協会

村上須賀子 氏


申し込み方法

参加を希望される方は、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・FAX番号・E-mailを記入し、下記の方法でお申し込みください。聴講券をお送りします。

●はがき 〒733-8540 広島市西区観音本町1-1-1

広島県医師会 広報情報課 「21世紀県民フォーラム」係

●F A X  082-293-3363  ※下記のお申し込みフォームをご利用ください。

●E-mail 21c@hiroshima.med.or.jp

FAX用お申し込みフォーム

お問い合わせ

広島県医師会 広報情報課

TEL.082-232-7211

※お申し込みいただいた個人情報(住所・氏名・年齢・電話番号・FAX番号)は聴講券を発送するために利用します。また、個人情報につきましては広島県医師会が責任をもって管理いたします。

アクセス(広島駅から)

◎ 路面電車
広電「江波」行に乗車→「土橋」下車徒歩10分
広電「宮島口」「西広島」に乗車→「本川町」下車徒歩10分
◎ バス
山陽本線広島バス15分吉島営業所または吉島病院行き、平和公園前下車徒歩5分
アクセス