健康情報

新型コロナウイルス感染症の収束はいつ?

 新型コロナウイルス感染症の収束には、国民の多くがウイルスに感染した集団免疫と呼ばれる状態か、ワクチンによる感染予防免疫の浸透か、ウイルスを撃退する特効薬が必要といわれます。
 ワクチン療法は、鶏卵などの動物細胞で何代にもわたり培養し続けて得られる弱毒化したウイルスを接種したり、ウイルスの表面構造や核酸(コロナウイルスではRNA)の特徴を免疫細胞に記憶させることのできる合成タンパク質を接種したりして、ウイルスを排除する免疫を獲得する治療です。現在、世界で30以上のワクチン開発が試みられていますが、感染予防効果の確認と安全性の検証には、どんなに早くとも1年半はかかるようです。
 このウイルスが克服されるまでは、社会的距離を保ち、せきエチケット・マスク着用・手洗い消毒という基本的感染予防策を続けることが大事です。

(広島県医師会・片山 紀彦) 2020年06月06日(土)


戻る