健康情報

出生前診断について

 最近、妊婦の採血で赤ちゃんの染色体異常を診断する「新型出生前診断(NIPT)」が話題になっています。妊娠したお母さんの血液に含まれる胎児のDNAの一部を調べ、21トリソミー(ダウン症)、呼吸障害や摂食障害をもたらす18トリソミー、13トリソミーの3疾患の可能性を診る検査です。
 染色体異常は母体年齢が高いほど、その可能性が高くなることが知られており、少子・晩婚化による妊婦の高齢化が進む日本では関心が高くなっています。
 一方、染色体異常が果たして病気の一種と言えるのか、という倫理的な問題が以前から議論されてきました。今までの出生前診断は羊水検査など妊婦の流産や感染の危険性があり、大きく普及することはありませんでした。リスクの少ないNIPTの出現によって、出生前診断の拡大とそれに伴う「命の選別」が課題となっています。
 NIPTは現在、認可された医療機関でしか実施できないことになっていますが、今後検査できる病院の拡大が検討されています。出生前診断を考えているご夫婦は、まずかかりつけ医と検査の内容について十分話し合ってから、検査を受けるかどうかを決める必要があります。

(広島県医師会・玉木正治) 2018年12月22日(土)


戻る