健康情報

訪問看護師って必要?

 在宅の療養生活で、訪問看護師は、大変頼りになる存在です。自宅にいる時の緊急時やちょっとした変化に医療的な観点から相談でき、医師と連携したり、必要があれば訪問してくれます。
 本人だけでなく、家族にとっても相談できる存在と思います。人工呼吸器や在宅酸素の医療機器の管理、在宅でのリハビリテーション、床擦れ予防、認知症へのケアと、それらに対する家族との相談、幅広い援助があります。
 こうした内容をかかりつけの医師にも伝えてもらえることで、より安心して自宅で療養生活が送れます。医師も、訪問看護師の医療的な観点からの報告は大変役に立ち、治療方針を決める心強いパートナーとなります。
 早い時期から療養される方の状態を知ってもらうためにも、訪問看護師はまだいいと言わず、ぜひ受け入れて、十分にご活用していただければと思います。

(広島県医師会 大本 崇) 2018年11月17日(土)


戻る