健康情報

ガンマ-GTPについて

 ガンマ-GTPは肝臓の働きを見る時に調べる血液検査項目の一つです。健康診断や人間ドックでも測定されるのでご自分の数値をご存じの方も多いかもしれません。
 上昇する原因として多いのは、アルコールの飲み過ぎや、肥満や糖尿病の方にしばしばみられる脂肪肝です。どちらも思い当たる方が多いので、原因をそれで片付けてしまいがちですが、時として薬などによる薬剤性肝障害(健康食品や民間薬も原因になりえます)や慢性肝炎(肝炎ウイルスが陰性の特殊な肝炎のこともあります)、胆嚢や胆管の病気(心配なのはがんによる閉塞性黄疸)が隠れていることがあります。
 ガンマ-GTPが高いと言われた場合は、かかりつけ医に相談して原因を確認しておきましょう。

(広島県医師会・國田哲子) 2018年09月22日(土)


戻る