健康情報

ダイエットは本当に健康によいのか?

 よさそうだけど実はよくない、ということがよくある医学の世界。肥満を解消すれば病気が減って寿命も延びるだろう、とは思うけれど、これを科学的に調べた人は誰もいませんでした。
 最近米国で行われた臨床研究。5千人ほどの肥満糖尿病患者を無作為に2グループに分け、一方は食事・運動をトレーナーつきで指導し、もう一方は何もせず、約10年追跡しました。指導をしたグループは予想通り体重が平均で5~10キロ減り、血糖も下がっています。
 ところが、この間に発症した心筋梗塞や脳卒中の数は両グループで差がなかったのです。つまり痩せて糖尿はよくなっても、病気は減らなかった。この結果の解釈はいまだに定まっていません。くわしくは「LOOK AHEAD研究」と検索してみてください。

(広島県医師会・小園 亮次) 2018年05月12日(土)


戻る