健康情報

新型たばこの正体

 今、新型たばことして「加熱式たばこ」がはやっています。日本では200万人以上の人が吸っています。このたばこは、火を使わず、たばこの葉を電気で温めて蒸気を吸うもので、一見すると煙は出ていません。だから害が少ないとたばこ会社は宣伝していますが果たしてそうでしょうか? 紙巻きたばこと同程度のニコチンが含まれており、ニコチン依存症になる恐れがあります。
 そして、たばこの葉を使っているので、毒物を含んだ蒸気が発生し、目に見えなくても、臭いが少なくても害となります。それは本人だけでなく、周りの人にも受動喫煙として影響を与えます。受動喫煙を望んでいる人はいません。たばこの将来を「加熱式たばこ」に託すことに危惧を覚えます。健康について、いま一度考えてもらえればと思います。

(広島県医師会・松村 誠) 2017年12月09日(土)


戻る