健康情報

胆のうにポリープがありますね

 人間ドックや健診で腹部エコー検査を受けられると、約10人に1人の胆のうにポリープが見つかります。5ミリ未満の小さなポリープでは、ほとんどがコレステロールポリープなどの心配しなくてよいものですが、サイズが大きくなればなるほど胆のうがんである確率が高くなります。2センチ以上のポリープでは、60%以上が胆のうがんであると言われています。
 胆のうがんは進行がんで発見されると予後不良のがんであり、今も多くが進行がんで発見されています。1センチ以上のポリープや急に大きくなるポリープは胆のうがんの可能性がありますので精密検査が必要です。初めて胆のうにポリープが見つかった場合は、5ミリ未満の小さなものは1年後、5~10ミリのものは6カ月後に再検査を受けましょう。

(広島県医師会・國田哲子) 2017年09月16日(土)


戻る