健康情報

社会的ジェットラグ

 社会的ジェットラグ(時差ぼけ)とは、始業時間など起床時間が強く制限される社会時刻と個人の生物時計の不一致によって起こるものです。海外旅行時のジェットラグは短期的なものですが、社会的ジェットラグは慢性的なもので、仕事をしている限り付随するやっかいな、特に夜型の人に生じやすい現象です。この状態に陥ると起床困難、眠気、集中力低下、朝の食欲減退が出現し、長期的な健康リスクとしては夜間の食欲亢進(こうしん)と肥満、耐糖能低下、認知機能の低下、気分障害などが出現します。対策としては、ついついしがちな休日の寝だめをやめて、1時間程度の昼寝に切り替える▽長時間浴びると夜型作用のあるブルーライトを避ける―などがよいとされています。

(広島県医師会・山崎正数) 2017年08月26日(土)


戻る