健康情報

されど脱毛

 抗がん剤を使用すると髪の毛が抜けることは、よく知られています。抗がん剤を受ける方には「髪の毛はまた生えてくるから」と話をしていました。しかし、患者さんから「生えてきた髪が天然パーマになった。いつまで続くんですか」と真剣に聞かれ、返答に窮しました。髪質が変わることを知らなかったのと、治療に直結する問題ではないので、脱毛についてあまり考えていなかったからです。いろいろと調べてみましたが、時間の経過で髪質が元に戻ることが多いくらいしか分かりませんでした。同時に脱毛についての対策、ケアのニーズがあることも知りました。脱毛は、見た目の問題でもありますが、心の問題でもあり、社会生活において重要な部分を占めているということです。脱毛が、がん患者の就労問題とも関連する重要な事項であることをあらためて認識した次第です。

(広島県医師会・野間 純) 2016年09月03日(土)


戻る