健康情報

眠りと夢

 眠りと夢は密接な関係があります。では、どのようなときに夢を見るのでしょう。眠りには周期があります。浅い眠りに入り、そして深い眠り、再び浅い眠りへと、一晩で4回から5回、この睡眠周期が出現します。深い眠りに続く浅い眠りの際、レム睡眠という特別な睡眠が出現します。夢はレム睡眠ではないときにも見ますが、レム睡眠の場合、鮮明な夢を見るようになります。鮮明な夢の内容には、もう一度見たいような気持ちになる夢、びっくりするような悪夢、何となくその人の心理状態を表しているような夢など、いろいろなものがあります。夢の内容に対する科学的な解明は進んでいませんが、睡眠導入剤の服薬で悪夢が生じることが報告されています。

(広島県医師会・山崎 正数) 2016年08月27日(土)


戻る