健康情報

ラテックスアレルギー

 ラテックスアレルギーは天然ゴムに含まれるタンパク質、ラテックスに対するアレルギーです。症状はじんましん、粘膜の腫れ、呼吸困難などですが、重症化するとぜんそく発作や意識障害、血圧低下を起こして、アナフィラキシーショックとなります。天然ゴム製品は医療用具、ゴム製玩具、炊事・掃除用の手袋など、身近に数多くあるため、知らないうちにラテックスに感作されていることがあります。またバナナ、キウイ、アボカド、クリなどはラテックスと交差反応を起こして同様のアレルギー症状を引き起こすことがあり、ラテックス・フルーツ症候群と呼ばれることもあります。手術では、ラテックスを含む滅菌手袋やカテーテルを使用することがあるため、術前にラテックスやトロピカルフルーツによるアレルギーの有無を確認します。これらの果物で喉や唇に違和感を覚えたり、ゴム風船を膨らまして唇が腫れたりした経験がある場合は、必ず担当医師に話してください。

(広島県医師会・中尾三和子) 2016年06月18日(土)


戻る