健康情報

皮膚の老化を遅らせるには

 皮膚の老化といえば、まず「しみ」「しわ」ということになります。老化は避けられない現象ですが、少しでも遅らせたいと誰しも思います。最も重要で有効な対策は、当たり前のことながら「遮光」と「保湿」です。遮光剤と保湿剤を上手に使って少しでも老化を遅らせたいものです。しかし、完璧な遮光はかえって問題があることをご存じですか。少し日光を浴びることは、ビタミンDの産生に役立ち、骨粗しょう症状対策として必要だからです。また、「しみ」にはいくつかの病気が含まれます。その中で両頬に対称的に色素沈着を生じる肝斑(かんぱん)がありますが、原因の一つとして、皮膚をこすることで起こる可能性が指摘されています。特に女性は化粧品を落とす際に強くこすらないことが大事です。

(広島県医師会・高路 修) 2016年05月21日(土)


戻る