健康情報

生理前に体調が崩れませんか

 月経前症候群という病気かもしれません。生理前3~10日続く不快な症状で、生理の開始で消えるものをいいます。症状として、情緒不安定、いらいら、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、のぼせ、食欲不振、過食、めまい、倦怠(けんたい)感、腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、おなかや乳房の張りなどがあります。診断は症状と生理との関連などを診断基準に照らし合わせてしますが、簡易な自己診断表を使うこともあります。女性ホルモンの異常だけが原因ではなく、多くの要因が関係しており、治療は、カウンセリングや生活指導、漢方薬、対症療法、軽い抗うつ剤、ピルなどを使います。症状に心当たりのあるあなた、お近くの婦人科に一度相談してみませんか。

(広島県医師会・豊田 紳敬) 2016年01月30日(土)


戻る