健康情報

お尻からの出血

 突然、お尻から出血したり、便に血液が混ざったりしていたら、誰でも驚きます。しかし、全てが生命に関わるものではありません。痛みがなく、鮮やかな血液が出るなら、大半は痔(じ)が原因です。服用している薬や細菌などによる感染、免疫の異常、腸の血流が悪くなったときなどに、大腸に炎症が起こることがあります。そのとき、粘膜がただれたり、潰瘍ができたりして、便に血液が混ざります。もちろん、腸にできたがんも出血の原因となります。いずれにしても、出血の不安があれば、すぐにかかりつけの先生に相談しましょう。ちなみに、女性ががんで亡くなるとき、一番多い原因は大腸がんとなっています。

(広島県医師会・荒田寿彦) 2015年10月24日(土)


戻る