健康情報

コーヒーの効用

 コーヒー好きの方にとって、うれしいニュースを紹介します。以前からコーヒーの効用に関して、いろいろな報告がありましたが、このたび、東京大と国立がんセンターの調査で、コーヒーを1日3、4杯摂取する人は、ほとんど飲まない人に比べ、全死亡リスクが24%低下することが分かりました。これは40~69歳の日本人9万人以上の男女を、1990年から死亡、あるいは2011年までを追跡した大規模なデータによります。ほとんど飲まない人と比べ、1日当たり、「1杯未満」「1、2杯」「3、4杯」と摂取が多くなるほど、死亡リスクの低下が認められたそうです。特に心疾患、脳神経疾患、呼吸器疾患による死亡リスクの低下が顕著だったとのことです。しかし、コーヒーは効用を期待してではなく、良質なものをおいしく味わうのが一番ですけどね。

(広島県医師会・津谷隆史) 2015年09月12日(土)


戻る