健康情報

アナフィラキシーショックにご用心

 そばやエビを食べたり、スズメバチに刺されたりして、じんましんが出る。あるいは唇が腫れる、鼻水やくしゃみなど全身のアレルギー症状が出る現象をアナフィラキシーと呼びます。重症になるとアナフィラキシーショックといって、呼吸困難や血圧低下、意識障害を来し、緊急処置をしないと死に至る危険性があります。また意外な原因として、ペットとして飼われているハムスターが挙げられます。上記のようなアナフィラキシー反応を起こしたことがある人は、再発予防として原因物質を避けること、ペットの飼育を中止する勇気が必要です。ショックに備えて自己携帯用の注射器もありますので、心配な方はかかりつけ医に相談してください。

(広島県医師会・小笠原英敬) 2015年08月29日(土)


戻る