健康情報

十分に眠っていますか

 睡眠時間には個人差がありますが、日本人の睡眠時間は6時間半から7時間半といわれています。近年、先進国の中で睡眠時間が短くなっているのは、日本と韓国です。睡眠不足は集中力の低下を招き、作業ミスや生産性の低下、交通事故や労災事故を引き起こしやすくなります。最近では、睡眠不足と健康の因果関係について検討が進み、睡眠不足が高血圧や糖尿病などの生活習慣病に悪影響を与えるとの結果があります。また、働き過ぎで睡眠が5時間を切ると、過労死につながりやすいと警告されています。健康障害や事故など、睡眠不足による国内の経済的損失は、年間約5兆円との推計もあります。睡眠不足の方は生活習慣を見直して十分な睡眠時間を確保し、健康を維持しましょう。

(広島県医師会・山崎正数) 2015年08月01日(土)


戻る