健康情報

5月9日は「呼吸の日」です

 たばこを吸っているそこのあなた、せきやたんが気になっていませんか? 近年、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)などの呼吸器の病気が増えています。
 COPDはたばこの煙を主とする有害物質を長期間、吸入することで生じる病気です。主な症状はせき、たん、息切れで、重症化すると呼吸不全になり、酸素吸入がなくては日常生活ができなくなります。
 「呼吸の日」を契機に、近くの禁煙外来を受診してみませんか? 日本呼吸器学会(http://www.jrs.or.jp/)か、日本禁煙学会(http://www.nosmoke55.jp/)のホームページで検索してみてください。

(広島県医師会・谷 充理) 2015年05月09日(土)


戻る