健康情報

食事中の塩分を測る方法とは?

 日本人は1日平均10~12グラムの塩分を取っていますが、高血圧の場合、これを半分以下に減らすよう勧められます。食品表示から計算するのは一つの方法ですが手間がかかり、誤差も大きくなります。
 より正確なのは1日分の尿を集めて分析する方法で、どの病院でもできる検査です。ただ入院せずに尿を集めるのは大変なので、1回分の尿から1日量を推定する計算式が便利で比較的正確です。高血圧、循環器の専門医などに問い合わせてみてください。
 簡単な検査なので今後どんどん普及することが期待されます。摂取した塩分が分かれば減塩がより効果的になることは間違いありません。

(広島県医師会・小園亮次) 2015年04月10日(金)


戻る