健康情報

木の芽時

 春の空気が辺りを覆い始めると、街の雰囲気も急に華やかになってくる。植物は花を付ける準備で忙しくなる。植物神経とも呼ばれる自律神経も、季節の変化に順応しなければならなくなる。
 順応がうまくいけば穏やかな春となるが、そうできなければさまざまな症状が出る。気分が沈んだり、やる気が出なくなったりするなど、情緒面での症状も多い。この時季が「木の芽時」である。
 どうやってこの時季を乗り越えるのか-。自律神経に春への準備をするための時間をたっぷり取ってあげることである。具体的には十分睡眠をとること。「木の芽時にはしっかりと睡眠を」。

(広島県医師会・山中祐介) 2015年04月03日(金)


戻る