健康情報

脂肪肝に気を付けましょう

 脂肪肝と言うと軽く見られがちですが、進行すると肝臓に炎症が起こり、働きが低下したり、脂肪化が進んだりする状態となり、これを脂肪性肝炎と呼びます。
 原因として、アルコールによるものと肥満や糖尿病などを主な原因とする非アルコール性があり、後者の中でも、非アルコール性脂肪肝炎は放置すると悪化の恐れがあり注意が必要です。
 肝臓病は自覚症状に乏しく病状の悪化に気付きにくい事から、脂肪肝と診断されたら、一度かかりつけ医にご相談下さい。

(広島県医師会・吉川正哉) 2015年03月20日(金)


戻る