健康情報

減塩のススメ

 2010年国民健康・栄養調査で、30歳以上の男性の約6割、女性の半数近くが高血圧と判定されました。対処には減塩が効果的で、日本高血圧学会は1日の塩分摂取量を6グラム未満と推奨しています。
 減塩のこつは、酢や香辛料、だしを上手に使うことです。味覚は慣れるので、段階的に食塩を減らしていきましょう。ハムなどの加工食品や漬物には塩分が多く含まれているので注意が必要です。
 塩分過多は脳卒中や胃がんなど命に関わる病気につながります。どんな食品に塩分が多く含まれているかを知り、取り過ぎに注意しましょう。

(広島県医師会・松村 誠) 2015年03月06日(金)


戻る