健康情報

逆流性食道炎

 食事の欧米化で胃酸の多い人が増え、以前は腰の曲がったお年寄りに多かった逆流性食道炎が、若い世代にも広がってきました。
 症状は多彩で、げっぷや胸焼けも含まれ、食事の後や横になったとき▽重たい物を持っておなかに力を入れたとき▽前かがみの姿勢になったとき-にみられます。心臓病や気管支ぜんそくの症状と区別がつかない場合もあります。
 プロトンポンプ阻害剤という飲み薬で劇的に症状が改善する人が多いです。再発も多いので症状が消える維持量を調整してもらい、この病気と上手に付き合うことも大切です。

(広島県医師会・大谷博正) 2015年02月06日(金)


戻る