健康情報

心電図検査だけでの安心は禁物

 階段を上るときに胸がつかえる感じがすることはありませんか。人間ドックの心電図検査で「正常」と言われたからといって安心してはいけません。
 狭心症の患者でも安静時の心電図には、異常がみられないことが多いのです。踏み台昇降など運動負荷をかけてから調べる必要があります。就床中の早朝に発作が出やすい「冠れん縮性狭心症」については、運動負荷心電図にも異常が出にくい特徴があります。
 胸のつかえを感じることがあれば主治医に相談を。喫煙者や糖尿病、高血圧、高脂血症などがある人は特に注意が必要です。

(広島県医師会・加世田俊一) 2015年01月02日(金)


戻る