健康情報

在宅療養をご存じですか?

 風邪をひいたり、腹痛になったりした場合、病院や診療所で受診すると思います。しかし、脳卒中やがんになり、自力で医療機関に行けなくなったら不安だと思います。
 しかし、脳卒中やがんに万が一なった場合でも、定期的な訪問診療や訪問看護、訪問リハビリを受けながら、住み慣れた自宅で安心して暮らせる在宅療養制度があります。
 詳しい内容は、地域の医師会や地域包括支援センターに相談してみてください。

(広島県医師会・小笠原英敬) 2014年10月03日(金)


戻る