健康情報

エボラ出血熱

 エボラ出血熱は約40年前にスーダンで見つかったウイルス感染症で、現地の川の名前が語源です。ダスティン・ホフマン主演の映画「アウトブレイク」などで知られています。
 発熱や下痢、出血などの症状が見られます。感染力は強くありませんが、血液や排せつ物などを介して広がるため、接触時は手袋やマスク、防御衣の着用が欠かせません。特効薬はなく、死亡率は50%を超えます。
 世界保健機関は8月に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。日本では入国時の検疫を強め、感染者の早期発見に努めています。

(広島県医師会・桑原正雄) 2014年11月28日(金)


戻る