健康情報

C型肝炎治療

 C型肝炎治療のテレビCMで、吉幾三さんは「治療にいくぞ」、倍賞千恵子さんは「新しい肝炎治療が始まりました」と呼び掛けています。ご覧になったことがあるでしょう。
 1992年に始まったインターフェロン(IFN)治療は、他の薬との併用で治療成績が向上しています。2011年からC型肝炎ウイルスに直接作用する抗ウイルス剤が保険適用となり、70~80%の人がウイルスを完全に排除しました。
 ことし10月からIFNを使用しない経口剤だけで治癒できるようになりました。費用の助成制度もあるので、ぜひ専門医に相談を。

(広島県医師会・中西敏夫) 2014年12月12日(金)


戻る