健康情報

還暦と健康寿命

 還暦を迎える年齢になった。50歳を過ぎたころから、それまで疎遠だった同級生と集まる機会が増えた。一番の話題は、自分や家族の健康のことだ。
 男性の平均寿命が80歳を超え、還暦後の20年間をどう過ごすかが重要になった。しかし最も大切なのは、日常生活を支障なく過ごせる「健康寿命」をどれだけ延ばせるかだ。
 2010年には、男性の健康寿命は70.42歳、女性は73.62歳だった。都道府県で差があり、広島県は男性が30位、女性が46位となっている。
 「生き生きと毎日を送っているか」「シンプルな生活を過ごしているか」。将来を見据え、自分の生き方について考えてみてはどうでしょう。

(広島県医師会・平林直樹) 2014年08月29日(金)


戻る