健康情報

機能性胃腸症を知っていますか

 胃の痛みや吐き気、食後の胃もたれなどがずっと続いているのに、検査をしても病名がはっきりしない症状を「機能性胃腸症」と呼びます。
 同様の症状は日本人のほぼ4人に1人にみられ、今後も増えるとみられます。「胃の調子が悪い」「すぐ満腹になる」など症状はさまざま。また、ピロリ菌感染や膠原(こうげん)病、ホルモン異常の可能性もあります。きちんと検査し、適切な治療法を理解しましょう。
 食生活の見直しや運動不足の解消など生活習慣の改善と薬物療法が中心となります。抗不安薬の投与が効く場合もあります。

(広島県医師会・佐々木 達) 2014年08月15日(金)


戻る