健康情報

手術前の絶飲時間

 手術前には絶食と長時間の水分制限がありますが、最近は水分の制限時間が短くなりました。
 日本麻酔科学会の術前絶飲食ガイドラインは「経口補水液などの清澄水は手術室に入る2時間前まで飲める」としています。妊婦や胃の手術を受けた人など、誤嚥(ごえん)の恐れのある場合はこれまで通り「6時間以上の絶飲食」を原則としていますが、それでも患者の満足度はかなり高くなっています。
 また、経口補水液や炭水化物、ミネラルを含む飲料水を術前に飲むと、術後の回復に大きな役割を果たすことも分かってきました。担当医の注意をよく守って手術に臨んでください。

(広島県医師会・中尾三和子) 2014年06月27日(金)


戻る