健康情報

がん検診受けていますか

 皆さん、がん検診(胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がん)を受けていますか。役所から送られてくるがん検診の案内を捨てていませんか。
 広島県のがん検診の受診率は全国平均を下回っています。県内の受診率は10~30%程度で、最も低いのは胃がん検診です。
 そこで、県は「がん検診に行こうよ」推進会議を設立し、がん検診の受診率向上を目指し活動しています。目標は「がん対策日本一」です。
 早期発見、早期治療は、がんだけでなく、その他の病気の治療や健康保持のために大切なことです。症状が出てからでは遅いこともあります。皆さん、がん検診に行きましょう。

(広島県医師会・谷充理) 2014年02月14日(金)


戻る