健康情報

ステーキは、「レア」がお好きですか?

 トキソプラズマは、猫などの動物に寄生する原虫です。通常の人は、感染しても症状が出ることは、ほとんどありません。ただ、妊娠により免疫機能が低下している場合、母体感染や胎児感染が生じ、胎児に感染症状を起こすことがあります。
 100万人の赤ちゃんに対して、500人に先天性感染が認められ、さらにうち50人は症状が出るといわれています。感染を防ぐには、肉はよく加熱し、原虫の最終の宿主でもある猫との過度な接触を避けることなどが必要です。
 従って妊娠中、または妊娠の可能性がある人は、生肉食(生ハムも)を避けましょう。ステーキも生に近い「レア」ではなく、よく焼いた「ウェルダン」で召し上がることをお勧めします。

(広島県医師会 野間 純) 2013年11月08日(金)


戻る