健康情報

その痛み、関節リウマチ?

 「関節リウマチ」から「慢性-」が削除されたのは約10年前です。理由は、この病気の進行は必ずしもゆっくり(=慢性)でなく、早期発見・早期治療が必要なこと。生物製剤など新薬が登場し「治らない(=慢性)」というイメージと異なり、病気の進行や関節の変形を防げるようになったからです。
 治療を始めるには、他の原因による関節痛と早く鑑別診断する必要があります。手指の関節が痛むことが多い病気ですが、変形性関節症は、一番指先に近い関節が痛みます。関節リウマチは、指先から2番目の関節や付け根が痛みます。
 朝の起床時、複数の関節が、左右両側痛み、こわばり、腫れる時は、あなどらず、関節リウマチも疑いましょう。

(広島県医師会 檜山桂子) 2013年10月25日(金)


戻る