健康情報

脂肪肝

 最近はメタボリック症候群の中で脂肪肝が増加してきました。肥満や過食、糖尿病やアルコールなどが原因で起こります。
 しかし、アルコール以外の原因で起こる脂肪肝には、病変が進展しない単純な脂肪肝と、肝硬変や肝がんに進行する「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH=non-alcoholic steatohepatitis)」があります。
 脂肪肝はAST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、中性脂肪の上昇が見られ、超音波検査で診断が可能です。しかし、NASHは肝生検をしないと診断できません。検診などで脂肪肝と診断された人は一度、肝臓専門医にご相談ください。

(広島県医師会 中西敏夫) 2013年08月30日(金)


戻る