健康情報

もしかしてCOPD?

 長年の喫煙がたたって、ちょっと動くとゼーゼー息が切れる、風邪でもないのに咳(せき)や痰(たん)を繰り返すというあなた。あなたも慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)ではないですか。
 喫煙で肺が穴だらけになって息が切れる肺気腫と、空気が通る管(気管支)の炎症で咳や痰が続く慢性気管支炎を合わせてCOPDと呼びます。多くの喫煙者がCOPDを患っています。
 息苦しさの末に命を失うのが嫌ならば、一に禁煙、二に治療(吸入療法など)。自分は大丈夫と思っている予備軍のあなた、今なら間に合います。禁煙しましょう。禁煙補助剤による禁煙指導も助けになります。

(広島県医師会 柳田実郎) 2013年08月09日(金)


戻る